蓄電システム、UPSなら電源装置の専門メーカーYAMABISHI



YAMABISHI 停電対策電源の選び方

YAMABISHI 停電対策電源製品群

ヤマビシマリス

一口に停電といっても様々な原因と種類があります。

  • 事故により送電が一時的に止まる 5分〜1時間程度の停電
  • 災害などによりインフラが遮断される 数日間の停電
  • 工場内での使用機器により起こる電圧低下 瞬間的な停電(蛍光灯がチラチラするなど)

いろいろな停電の種類があるので、対策用電源も様々な種類があります。バックアップ時間や用途でお選びください。

YAMABISHI 停電対策電源の選び方

YAMABISHI 停電対策電源の選び方

YAMABISHI 停電対策電源の選び方

各製品の選び方HOWTO
各製品の選び方について解説します。目的の製品をお選びください。

  • 無停電電源装置
  • リチウムイオン蓄電システム
  • 直流無停電源装置
  • 瞬停対策電源装置 フリッカ対策電源装置
  • バックアップしたいものは
    「OA機器」か「産業用機器」かをお選びください!

    それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

    UPSの選定には、「バックアップをしたい機器」と「UPSの入出力」の電気的仕様が必要です!

    • 1

      UPSの入力側(=使用する場所の電気環境)の「相数(φ)」と「電圧(V)」をご確認ください。

    • 2

      UPSの出力側(=バックアップしたい機器の電気仕様)の「相数(φ)」と「電圧(V)」をご確認ください。

    • 3

      バックアップしたい機器の「容量(kVA)」とバックアップしたい「時間(min)」をご確認ください。

    シーンに合わせてAEの製品シリーズをお選びください!

      ALSシリーズ

    小容量無停電電源装置(miniUPS) ALSシリーズ製品詳細

    1.5kVA~5kVAまでのOA機器専用UPSです。形状は据え置き型です。

    OA機器専用 容量1.5〜5kVA バックアップ時間6分 入出力単相100/200V系 据え置き型
    小容量無停電電源装置(miniUPS) ALS-RMシリーズ製品詳細

    1.5kVA~5kVAまでのOA機器専用UPSです。19インチラックに収まる形状で、バッテリを追加してバックアップ時間の延長が可能です。

    OA機器専用 容量1.5〜5kVA バックアップ時間6分

      SFTシリーズ

    C無停電電源装置(UPS) SFTシリーズ製品詳細

    5kVA~200kVAまでの中大容量UPSです。サーバーの他、産業用機器にも利用できます。

    バックアップ時間10分
    D発電機連動型無停電電源装置(UPS) SFT-Dシリーズ製品詳細

    発電機と併用するタイプのUPS。停電発生から発電機が安定出力するまでの時間、無瞬断でバックアップします。


    ※バックアップ時間は発電機稼働時間も含んだものとして
    ※発電機はデンヨー製を掲載しています

    E長時間バックアップ対応無停電電源装置(UPS) SFT-5KHATシリーズ製品詳細

    標準が10分間なのに対し、数時間~数十時間バックアップする5kVAUPSです。



  • STEP1それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

    蓄電システムの選定には、「バックアップをしたい機器」と「電源・蓄電池・太陽光パネル」の電気的仕様が必要です!

    リチウムイオン蓄電システムを選ぶ際に必要な情報

    • 1

      PCS(双方向INV)の「容量(kW)」をご確認ください。

    • 2

      太陽光パネル(PV)の「容量(kW)」をご確認ください。

    • 3

      蓄電システムがつながる系統は「動力(三相電源)」ですか?「電灯(単相電源)」ですか?

    • 4

      蓄電池の「容量(kWh)」をご確認ください。

    STEP2シーンに合わせて製品シリーズをお選びください!

    リチウムイオン蓄電システム YRWシリーズ製品詳細

    リチウムイオン蓄電池と太陽光パワーコンディショナを一体化した蓄電システム。ピークシフト・カットで電気の有効活用!
    非常時・無電化地域の電源確保にも利用可能です。

    入出力単相/三相 PCS容量10〜200kW 蓄電池12.4/16.1/29.7kwh(最大16ユニットまで接続可) PCS 10〜50kw → PV 10/30kw PCS 100〜200kw → PV 70kw

  • STEP1それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

    直流無停電電源装置の選定には、「バックアップ時間」・「出力の電圧・電流」の電気的仕様が必要です!

    直流無停電電源装置

    • 1

      バックアップを希望する「時間(min)」をご確認ください。

    • 2

      バックアップしたい機器の「電圧(V)」「電流(A)」をご確認ください。

    STEP2シーンに合わせて製品シリーズをお選びください!

    A直流無停電電源装置 YNVシリーズ製品詳細

    プラント制御機器などの直流負荷を停電から守る対策用電源。装置毎に電圧・バックアップ時間等カスタム対応が必要となります。

    容量 20〜200A バックアップ時間 10分〜1時間 出力 DC100V

  • STEP1モーター・溶接機など起動時に発生する電圧降下から、
    「系統への影響を抑える」のか、
    「重要な機器のみを守りたい」のかをお選びください

    STEP2それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

    瞬停・フリッカ対策電源の選定には、「電圧低下の発生源となる装置、または守りたい重要機器」と「瞬停・フリッカ対策電源の入出力」の電気的仕様が必要です!

    瞬停・フリッカ対策電源を選ぶ際に必要な情報

    • 1

      瞬停・フリッカ対策電源の入力側(=使用する場所の電気環境)の「相数(φ)」「電圧(V)」をご確認ください。

    • 2

      瞬停・フリッカ対策電源の出力側(=フリッカ現象の発生源となる装置、または守りたい重要機器の電気仕様)の「相数(φ)」「電圧(V)」をご確認ください。

    • 3

      守りたい重要機器またはフリッカ現象の発生源となる装置の「「容量(kVA)」をご確認ください。

    STEP3シーンに合わせてABの製品シリーズをお選びください!

    A瞬停(低)対策電源 SYN-MMUシリーズ製品詳細

    電気二重層キャパシタがエネルギーを放出し重要機器の電圧低下分を補てんします。

    重要機器を電圧降下から守る 容量 5〜100kVA バックアップ時間3秒 入出力 単相/三相
    Bフリッカ対策電源 SYN-MPCシリーズ製品詳細

    電気二重層キャパシタがエネルギーを放出し、フリッカ等負荷側の変動を防ぎます。

    系統への影響を与える 容量 5〜100kVA バックアップ時間 1秒 入出力 単相/三相

無停電電源装置

バックアップしたいものは「OA機器」か「産業用機器」かをお選びください!

それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

UPSの選定には、「バックアップをしたい機器」と「UPSの入出力」の電気的仕様が必要です!

  • 1UPSの入力側(=使用する場所の電気環境)の「相数(φ)」と「電圧(V)」をご確認ください。
  • 2UPSの出力側(=バックアップしたい機器の電気仕様)の「相数(φ)」と「電圧(V)」をご確認ください。
  • 3バックアップしたい機器の「容量(kVA)」とバックアップしたい「時間(min)」をご確認ください。

シーンに合わせてAEの製品シリーズをお選びください!

 ALSシリーズ

小容量無停電電源装置(miniUPS) ALSシリーズ製品詳細

1.5kVA~5kVAまでのOA機器専用UPSです。形状は据え置き型です。


小容量無停電電源装置(miniUPS) ALS-RMシリーズ製品詳細

1.5kVA~5kVAまでのOA機器専用UPSです。19インチラックに収まる形状で、バッテリを追加してバックアップ時間の延長が可能です。


  SFTシリーズ

無停電電源装置(UPS) SFTシリーズ製品詳細

5kVA~200kVAまでの中大容量UPSです。サーバーの他、産業用機器にも利用できます。


発電機連動型無停電電源装置(UPS) SFT-Dシリーズ製品詳細

発電機と併用するタイプのUPS。停電発生から発電機が安定出力するまでの時間、無瞬断でバックアップします。※バックアップ時間は発電機稼働時間も含んだものとして
※発電機はデンヨー製を掲載しています


長時間バックアップ対応無停電電源装置(UPS) SFT-5KHATシリーズ製品詳細

標準が10分間なのに対し、数時間~数十時間バックアップする5kVAUPSです。



リチウムイオン蓄電システム

バックアップしたいものは「OA機器」か「産業用機器」かをお選びください!

蓄電システムの選定には、「バックアップをしたい機器」と「電源・蓄電池・太陽光パネル」の電気的仕様が必要です!

  • 1PCS(双方向INV)の「容量(kW)」をご確認ください。
  • 2太陽光パネル(PV)の「容量(kW)」をご確認ください。
  • 3蓄電システムがつながる系統は「動力(三相電源)」ですか?「電灯(単相電源)」ですか?
  • 4蓄電池の「容量(kWh)」をご確認ください。

シーンに合わせて製品シリーズをお選びください!

リチウムイオン蓄電システム YRWシリーズ製品詳細

リチウムイオン蓄電池と太陽光パワーコンディショナを一体化した蓄電システム。ピークシフト・カットで電気の有効活用!非常時・無電化地域の電源確保にも利用可能です。



直流無停電電源装置

バックアップしたいものは「OA機器」か「産業用機器」かをお選びください!

直流無停電電源装置の選定には、「バックアップ時間」・「出力の電圧・電流」の電気的仕様が必要です!

  • 1バックアップを希望する「時間(min)」をご確認ください。
  • 2バックアップしたい機器の「電圧(V)」「電流(A)」をご確認ください。

それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

直流無停電電源装置 YNVシリーズ製品詳細

プラント制御機器などの直流負荷を停電から守る対策用電源。装置毎に電圧・バックアップ時間等カスタム対応が必要となります。



瞬停対策電源装置・
フリッカ対策電源装置

モーター・溶接機など起動時に発生する電圧降下から、「系統への影響を抑える」のか、 「重要な機器のみを守りたい」のかをお選びください

それぞれの最低限必要な情報を把握しよう!

瞬停・フリッカ対策電源の選定には、「電圧低下の発生源となる装置、または守りたい重要機器」と「瞬停・フリッカ対策電源の入出力」の電気的仕様が必要です!

  • 1瞬停・フリッカ対策電源の入力側(=使用する場所の電気環境)の「相数(φ)」「電圧(V)」をご確認ください。
  • 2瞬停・フリッカ対策電源の出力側(=フリッカ現象の発生源となる装置、または守りたい重要機器の電気仕様)の「相数(φ)」「電圧(V)」をご確認ください。
  • 3守りたい重要機器またはフリッカ現象の発生源となる装置の「容量(kVA)」をご確認ください。

シーンに合わせてAEの製品シリーズをお選びください!

瞬停(低)対策電源 SYN-MMUシリーズ製品詳細

電気二重層キャパシタがエネルギーを放出し重要機器の電圧低下分を補てんします。


フリッカ対策電源 SYN-MPCシリーズ製品詳細

電気二重層キャパシタがエネルギーを放出し、フリッカ等負荷側の変動を防ぎます。





YAMABISHIは電源装置のプロフェッショナル集団です。YAMABISHIは電源装置のプロフェッショナル集団です。
電源機器に関するご相談・ご質問・資料請求は
お近くの営業所までお気軽にお電話ください!

お電話でのお問い合わせは

  • 東京03-3767-8861
  • 名古屋052-325-7511
  • 大阪06-6307-2751

メールでのお問い合わせは

東京