蓄電システム、UPSなら電源装置の専門メーカーYAMABISHI


製品情報

インパルス電圧発生装置 YHIGシリーズ

  • インパルス電圧発生装置YHIGシリーズ
  • インパルス電圧とは過渡的に短時間出現する電圧で、急激に最高値まで上昇し、それを緩やかに降下するものをいい、最高値に至るまでの時間が数マイクロ秒間程度のものを雷インパルス電圧といいます。
    インパルス電圧発生装置とはこの電圧を作り出す装置です。

特徴

  • 容易に極性切換が可能
  • 出力電圧がモニタ端子に出されておりオシロスコープ等で確認可能
  • 安全面の対策が充分考慮されている(安全対策の項目参照)
安全対策
  • 外部インターロック端子付で供試体側扉等とインターロックを取り、扉開で電源遮断をし、高圧回路はディスチャージされます。
  • 極性切換のためにパネルを開けた場合、電源遮断をし高圧回路はディスチャージされます。
  • 運転動作中は赤色回転灯が回転し、周囲に危険を警告します。
  • 高圧充電回路は電圧設定ツマミが零位でなければ運転出来ないようになっております。
  • 運転順序は主回路電源ON、高圧充電回路運転スイッチON、インパルススタートスイッチONの3段階操作となっております。
発生装置の出力波形
出力波形1
  • 充電電圧:42.3kV
  • インパルス電圧:155.5kV
  • 25kV/div
  • 10μs/div

用途

  • 電気・電子機器、静止誘導器等の耐雷、耐電圧試験
  • 学校教材

仕様

型式(はインパルス電圧/は充電エネルギー) インパルス電圧 充電エネルギー
YHIG-K-J 15k~200kV 56~1250J

↑型式をクリックすると詳細仕様がご覧いただけます。

インパルス電圧発生装置 YHIGシリーズ

特注仕様は型式の末尾に“X”が付きます。
特殊仕様製作いたします。お問い合わせはこちらから

仕様/型式 YHIG
15K-
56J
20K-
400J
30K-
225J
40K-
200J
60K-
450J
100K-
625J
200K-
1KJ
公称電圧 15kV 20kV 30kV 40kV 60kV 100kV 200kV
充電電圧 15kV 10kV 20kV 20kV 20kV 50kV 50kV
利用率 83%以上
全充電
エネルギー
56J 400J 225J 200J 450J 625J 1250J
合成静電
容量
0.5μF 2μF 0.5μF 0.25μF 0.25μF 0.125μF 0.0625μF
極性 正・負切換方式(バー切換又はスイッチ切換)
波形 1.2/50μs
入力電源 単相100V又は200V  50/60Hz 単相200V 50/60Hz
オプション RS232C他
外観構成 操作盤・インパルス発生器一体型 操作盤/
インパルス発生器
操作盤/油タンク
/インパルス発生部
W(mm) 600※ 600※ 700※ 800※ 450/
800※
600/750
/850※
600/750
/850※
D(mm) 700※ 750※ 900※ 1000※ 450/
1000※
600/850
/1175※
600/850
/1175※
H(mm) 1245※ 1250※ 1555※ 1555※ 865/
1755※
1270/805
/1500※
1270/805
/1870※
質量(kg) 120※ 150※ 250※ 160※ 70/
170 ※
120/500
/250※
130/500
/370※
塗装色 マンセル7.5Y 9/1 半ツヤ マンセル7.5Y 9/1 半ツヤ
/マンセル7.5BG 6/1.5 半ツヤ
外観図 1 2 3

※ 参考値として

MTSシリーズ外観図1

外観図1

MTSシリーズ外観図2

外観図2

MTSシリーズ外観図3

外観図3

オプション

  • RS232C他

回路ブロック図

回路ブロック図

使用上のお願い

消耗品交換・メンテナンスの実施について

消耗品交換や定期点検、メンテナンスは当社にて承ります。
最寄の営業所にお問い合わせいただくか、こちらのページからお問い合わせ下さい。

搬入・据え付け

製品のお納めは、原則「国内指定場所 軒先渡し」とさせていただきます。荷降ろし以降の作業はお客様にて実施願います。
→時間指定配送、荷降ろし、搬入設置、据え付け、配線工事、工場立会、試運転調整などの作業は別途お見積もりのうえ当社にて承ります。ご注文の際にお申しつけください。

定期点検・部品交換

定期点検・部品交換について

本製品の期待寿命は定期的な点検・部品交換を実施して約15年です。
期待寿命は使用環境や運転状況により変化しますので、安全に長くご使用いただくためにも定期的な点検・部品交換の実施を推奨致します。

  • 定期点検:毎年(推奨)
  • 部品交換:5年周期
    ※部品交換の際は、定期点検も実施致します。

交換推奨部品例

※部品寿命は環境(温度・塵埃等)により大きく左右されます。

 
製品詳細ページ
電源に関するお問い合わせ