蓄電システム、UPSなら電源装置の専門メーカーYAMABISHI


納入事例・実績

納入事例

同志社大学 インフラストラクチャー研究センター 様

本装置は、2011~2015年度NEDO「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」委託研究によって構築されました。
研究目的は、「大型蓄電システムなどの稼動中のリチウムイオン蓄電池を停止させることなく劣化状態の診断を行う」という内容です。弊社にはHPからお問い合わせいただき、プレゼンやデモ機の貸出など製品技術ならびに対応にご満足いただき、納品に至りました。

納品年月 2015年2月
品名 回生型充放電装置
型式 YRD-100-8KIX-1-3CH
仕様 入力:三相3線 200V
出力:DC0~100V/±80A(1倍)/
   FB/3ch
容量:±8kW

構成図

構成図

お客さまの声

2台のリチウムイオン組電池に対し、一方の放電電力を片方の充電に交互に使用することにより、省エネな充放電試験を実現しました。
この結果を用いて、蓄電池に関する劣化診断ソフトウェアの研究開発に活用しています。

充放電装置YRDシリーズ


電源に関するお問い合わせ